天然木・無垢一枚板・オーダー家具制作のダイツリーです。ウォールナット・ナラ・タモ・メープル・チェリー等、さまざまな樹種の天然木・無垢家具を取りそろえております。

ご予約お問合せは tel.0494-63-1215
当社からのお知らせ

当社からのお知らせ

一枚板で作ってみた ~part 3~ 手彫り看板 

一枚板で作ってみた ~part 2~ の続きです。

前回の段階では台座を作成つもりだったのですが、せっかくインパクトがある

外置き看板なので、吊し上げ式に変更しました!

(シャッターの開閉を損なわない様に工夫もしました。)

 

実際に設置してみると、ドア2枚分以上の幅があり、大変インパクトがあります。

今回は、木材にコーティング加工をしない工法を取りましたので、これから長い

年月を経て、木の味が出てくるのが楽しみです。

 

一枚板で作ってみた ~part2~ 手彫り看板

今回は、手彫り看板を作製しようと思います。

 

1.木種選び

外用の看板にするつもりなので、カビ等に強い松を採用します。

L:2m×W70cmの寸法にダイナミックに彫りたいと思います。

割れてる部分もありますが、天然木のデザインの一部として気にせず文字を彫ります。

 

2.文字彫刻(荒堀)

ノミを使用して彫ります。

文字彫刻は、かまぼこ彫りを採用しました。

かなり、、、いや、大変癖のある松で、彫るのが今までで一番苦労しました。。。

木の目によって、刃物の角度・方向を変えるのですが、粘り気がある木で刃先が止まります。

 

3.文字彫刻(仕上)

なんとか荒彫りも終わり、仕上彫りをします。

ノミの刃先を変え、面をなだらかにしていきます。

 

4.文字色付け

色付けをします。

外部用の塗料をムラななく塗り込みます。

かまぼこ彫りの良いところは、色付けをすると文字が浮き出てくる様な錯覚を起こし、遠くからでもはっきりと文字が見えるところです。先人の職人たちは、よくこの技法を思いついたものだと感服します。

 

5.台座作り

地面設置がたの看板にする予定なので、台座を作成します。

ただし、今回はここまでで作業終了です。

これだけ大きな看板を作製するのは初めてだったので、どうなるか不安でしたがまずまずのデキです!

次回は、台座作り~設置までを目指して頑張ります!

 

記事カテゴリー
月別バックナンバー

1 ~ 2件 / 全2件

ご予約・お問合せはTEL.0494-63-1215

クイックメニュー

ダイツリーについて

ダイツリーについて
〒369-1412 埼玉県秩父郡皆野町大字皆野2462-1
TEL. 0494-63-1215 FAX.0494-63-1216
営業時間 8:00~17:30(年中無休)
詳細・アクセスマップはこちら

埼玉県経営革新計画承認企業

ページTOPへ